企業法務マン迷走記2

 大船ならぬ「酔っぱらった船」に乗ったかのような企業法務担当者の日常


 カレンダー企画出番が迫るが、その前に1ヶ月以上更新していないのでリハビリが必要。で、埋草的エントリー。

  ここのところのSNSのタイムラインやブログ記事を読んでいて、ふと頭の中に蘇ってきたのがエントリータイトル。造注(ぞうちゅう)。当然造語。建設界隈でバブルが爆ける前に盛んに使われていた言葉である。建設業界はたとえ大手であっても基本的には「請負」の世界で発注者から「仕事を請ける(受注)」構造にあった。「請け負け」とも揶揄されるように、契約者対等の精神などどこの世界の話かというところだった。80年代半ば前後の空前の「不動産開発ブーム」のなかで、「仕事が来る、請けるのを待つだけでなく、(建設業者が)自ら事業を企画し、新たに注文を造っていこう」というムーブメントが起こった。多くのゼネコンに「設計」「購買」「建設」といった部門に加えて「都市開発事業部」や「事業開発本部」なる部門が生まれて「注文を造って」いった。当然多重請負の末端に近い納入・施工業者だった我々もその波に遅れまいと日夜駆けずり回ったものだ。しかしそれは長続きしなかったし、大きな代償を払う羽目にもなった。

 仕事を請ける一方だった側が自ら企画し、または仕事を発注する側と一体になって新たな仕事を生み出そうとした発想に誤りはないと思うし、「造注」ほどのものではないが90年代後半以降「御用聞き営業から提案営業へ」と販売部門がスタンスを変えようとしたのも根底の部分は同じだと思う。
そして、バックオフィスやその業務の受託側である士業の昨今の動きについても同じような印象を持っている。

 「最初の志は正しくても状況や運用によって、本来の目的から外れていくことがありますよね。」というのは事業者団体活動のある事情について公取委に相談したときに担当官からやんわりといわれた言葉だが、これは何事にも共通するのではないだろうか。

 バックオフィスが「生産性」や「貢献度」を意識することは大事だし、組織内のプレゼンスを高めようとするのは否定しない。ときにアピールしなければならないことも承知している。が、そもそもの志はどこにあるのか。その方法や手段にブレは生じていないか。邪な計算をしてはいないか。常に自覚し疑いを持つことも必要ではないかと思う。

 諸々の動きについてのぼんやりとした不安からのぼやき。
 
  

 ほぼ半月ぶりのエントリーとなってしまった。といってネタのストックを貯めているわけではないので
今日は製造業関連の話題にさらりと触れてお茶を濁そうと思う。

 製造業の11月といえばまず「品質月間」(主催:日本科学技術連盟、日本規格協会、日本商工会議所)
勤務先も品質保証部門がポスターを購入して社内の製造拠点中心に啓発しているが、ここ最近は営業拠点にも掲示し、メッセージも社内イントラに掲載するようにしている。今年からどういうわけか品質保証部門が自分の管掌範囲になってしまったので、メッセージを慌てて作成して経営トップ名義で掲載した次第。
 主催団体が定めた今年の標語は「みんなでつくる つなぐ お客様の笑顔」と過去の標語と比べるとぐっとソフト寄りになった。
 勤務先の場合、取引形態はBtoB、しかし製品は消費者が直接手を触れ使用するものなので品質が企業の生命線といってもオーバーではない。品質に対して従業員の意識を高く保っておく必要がある。
 昨今の企業の品質問題は偽装や隠蔽することを是としてしまった企業経営が問題となったわけで、品質問題はモノづくりの現場だけが取り組めばよいということではなくなってしまった。消費者のもとに届くまでのすべての過程の「質」が問われることを考えれば、シンプルでソフトではあるが今年の標語は品質への取り組みの本質を示しているのではないだろうか。
 品質向上は技術開発や製造部門だけの課題ではありませんよ、販売部門においては商談や販促物の内容、施工部門も品質を問われますよね、今月は自分の仕事の品質について考える機会としてくださいと朝礼でも本社社員の前で話をしたのだが、ブーメランにならないようにしないといけないね。

 もうひとつは「製品安全総点検月間」(経済産業省)
 製品を安全に使用するための周知月間なのだが、11月は家庭で冷暖房機器の切り替えのはじめ半年ぶりに家電製品やガス・石油機器を引っ張り出して使用を始めるタイミングにあたる。機器の状態を確認したりコンセント回りの清掃を行い火災などの重大製品事故を発生させないように、ということである。またこの機に自宅に「リコール対象製品」がないかも確認してもらえると大変助かる企業が多いと思う。
ぜひお願いしたいところである。(業界団体の立場)



 

 週半ばから工場の内部監査往査。
 経費抑制のおり物理的に通える地域だったので3日間早起きして通う。その反動でどっと眠気に襲われている週末、自分の鼾で転寝から目が覚める始末。
 
 創業の地にあり、業歴は長くかつては売上の筆頭工場の地位にあったが…という組織部門を抱えている企業は多いと思う。上層部、ベテランは往時のことが身に染み付いている、間接部門の中堅以下若手世代は苦しい時期のことしか記憶にない、製造現場は日々の仕事に満足。業績が冴えない製造業には珍しくない姿かもしれない。

 帳票を確認する限りは何の問題もない。しかしそのプロセスを探っていくと何かがある。帳尻合わせだけが上達しているのも「業歴の長い」組織の特色かもしれない。ルールが形骸化したのか、否それ以前にルールが整備されているのか、ダブルスタンダードなのか、いつ始まったのかも定かではない慣習に業務が左右されていないか等雑談交じりに業務実態を聞き取っていく。ときに「実はこうなのです」という告発めいた話を聞くことはある。もちろん鵜呑みにはできない。そのような話が出ること自体を問題視する。

 企業統治、内部統制…ここ20年の間に随分と企業経営は変革を求められているし、実際に変革に取り組んではいる。しかし、企業ガバナンスの手本のように扱われ法律雑誌にその取り組みが記事掲載された企業が不正会計や品質偽装等により手のひら返しされている事例をみると、企業組織の端々にまで「企業統治」なるものを行き渡らせることの難しさを感じる。

 不正・不祥事またはそこまではいかない「不都合」、発覚してみれば現場の「この場所」「この時点」で「気づいていれば」「対応していれば」ということが多い。そしてそれは往々にして各部門で実務を担当する中堅以下社員の業務範囲にある。
 仕事の質は細部に現れる。ではその細部まで誰がどのように行き渡らせるか。
 ここを明確にしていないまま、という組織が実は多いのではないだろうか。
  
 

このページのトップヘ