2020年04月05日 18:18

 何かと不安定でエントリーもままならず。遅ればせながらの定点エントリー。

 先月末で会社員となって33年が経過した。とりあえずの残り年数が片手で数えられるようになってしまった。新入社員時代のことどころか、20代から30代初めの頃の記憶も断片的で粉々である。中高年以降の人間が過去を美化しがちなのは、記憶に残った断片を都合よく継ぎ合わせてしまうからだろう。これは実感としてある。だから普段はあえて昔語りはしないようにしている。

 バブル経済と崩壊、リーマンショックといった時代を通り抜けてきた。とはいえ、前者のときは会社員駆け出しの時期であり、バブルといっても年収が上がったわけではなく、したがって崩壊後も年収面ではたいして影響も受けなかった。ただ当時は営業職にあったので、部門の受注売上の見込みがガタガタになり、ターゲットとする顧客を大きく変えざるを得なかったことを憶えている。そのため休日出勤、深夜残業が当然の毎日であった。よく心身がもったと思う。
 後者は勤務先が企業グループから切り離された時期と重なった。10年以上経過したのでいえるが年収崩壊を経験した。月俸が元に戻るまでの年月はきつかった。

 それでもコロナ禍の現在よりは比較にならないほどマシであったと思う。勤務先のビジネス継続のリスクと自分の生命のリスクの両方とが現実味を帯びているのは33年間勤務しながら初めてのことである。
なんだかんだいって安穏な雇われ人生だったということだ。

 早く元通りの生活にと願うこと自体は当然のことだ。しかしあと何ヶ月続くかわからない現況が収束したのちに「元通り」に戻ることはできるか。いや「元通り」とは何を意味するのだろうか。
 職場や学校に行かなくても業務や学習が回ることを知ってしまった。そのために作ったルールや仕組みをまた元に戻す必要性は低いだろう。一方、客足の途絶えた街や路地の経済を放置したままでよいということはないだろう。これはほんの例え話だ。
 30年以上になる会社勤め、もっていても役に立たない経験にこだわっていても仕方ないだろう。せいぜい同世代との間での思い出話になるかどうかというところだろう。
 だが。
 春先に元の企業の入社同期と話す機会があった。その企業も予定通りであれば企業グループを離れ、別の資本傘下となる。何を思っているかと尋ねれば「もう残り少ないからさ」と自分たちは逃げ切れるかのような話ぶりだった。もう彼らと会う気も話す気も失せてしまった。自分も向こう側にいたらそんな人間になっていたかもしれないとある意味恐ろしくなった。

 「片手で数えられる年数」が、図らずも想定を超えた年月になりそうである。苦悶、葛藤の時間になるかもしれない。つくづく人生は甘くない。
 しかしその人生ですら、コロナ禍を無事乗り切ればという前提だ。

 ようするに、うがい、手洗いの徹底と外飲み自粛の34年目の春なのである。

 


    このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年03月29日 15:22

 春の雪を眺めつつ。

 書籍エントリー。今回は「Q&Aでわかる業種別法務 製造」。すでにdtkさんやちくわさんがエントリーにアップしているので出遅れ感があるが、自分なりのものを残しておく。

 結論からいえば、デスクの置く1冊であることに異論はない。
 先に取り上げた「メーカー取引の法律実務Q&A」はある程度場数を踏んだ担当者の期待に応じる「玄人モノ」とすれば、こちらは就職して法務に配属された新人、製造業に採用あるいは出向したばかりのインハウス向けのガイダンスといった色彩が強い。製造業の標準的なビジネスフローに沿って法務業務範囲をほぼカバーするQ&Aをコンパクトに250ページほどに収めてあるのは見事である。

 Q&Aの形を借りたガイダンスの編集は案外難しいものである。自分も業界団体の会務で何回か作成編集に関わっているが、ガイダンスの読者に対して伝えたい「A」を説明しきるために「Q」を作るということが多い。そのために再度「Q」を見直すこともあるし、「A」そのものも出身企業の事情が絡んでなかなかまとまらないということもままある。本書の編集段階でも似たようなことが繰り返されたのではないかと勝手に想像している。(5稿ぐらいまで進んでちゃぶ台返しのようなこともある)

 あえていうなら、という点を少し。

 メーカーはどうしても工場が主体となるが、その工場の運営に必要な許認可、各種届出といった業務、自治体等行政機関、近隣との渉外業務は工場の総務・労務・保安部門が担っており、平時に法務が嘴を挟むことはない。新興業種の法務界隈で話題になる「ロビー活動」についても製品事業部門が「事業団体」を通じて行っているので、こちらも平時に法務が関わることは考えにくい。大企業であればあるほど分業が確立している。そのような環境で法務部門(担当者)がどのように存在感を保ち、発言力なり権限を手に入れていくか、これこそ「Q」の一つではないだろうか。本パートで「あるべき論」が書かれてはいるが、どうもさらりとしたものに感じられた。(どこまで書けるかという問題もあるが)
 「工場」に関していえば、「ガバナンス・コンプライアンス」の章。環境法令に抵触した場合や休業災害が発生した場合など、工場責任者がいたとしても法務の出番が回ってくるケースがある。法務主体の業務ではないと落としたのかもしれないが、事業上のリスクなので取り上げておくべきではなかったか。
 また執筆陣が大手企業法務の人である以上仕方がない面もあるのだが、発注者側の視点のQ&Aが多いという点。調達・製造の章が顕著であったが、製造業は数多の中小企業に支えられている現実から子事業者、請負者側の立場のQ&Aをいくつか設けてもよかったのではないか。(読者をJILA所属者に限定しないのであればなおのこと)
 このあたりが少し引っ掛かったのである。

 とはいうものの、繰り返しにはなるがガイダンスとして良書であることに変わりはない。

 最後に本書含む業種別法務シリーズについて。
 自分が所属する業種だけでなく、取引先や諸々折衝先業種の「法務」業務を知る機会を提供してくれるシリーズだと思うのであと数業種購入しようかと思う。









    このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年03月22日 19:50

 桜満開、ここ数週間の自粛モードに倦み外出した向きも多いことだろう。

 ある漫画の結末に感動し余韻に浸っていたいのに、その漫画に広告代理店が関与していたことがわかったことで漫画なりその作者の評判が一転していく…というのを遅ればせながら知った。
 この手の商売の難しさを改めて思う。広告代理店の商売の進め方が拙速だったといえばそうかもしれないが、人が「手垢のついた」感動に敏感になることはよいことなのか悪いことなのか。

 「東京の青い空」とは、70年代半ばから80年代初めにかけて「少年ジャンプ」や「ヤングジャンプ」でギャグ漫画家として活躍したコンタロウ氏の読み切り作品である。もう50代以上の人間にしかわからないかもしれないが、当時の少年ジャンプは年1回、人気上位漫画家が読切漫画を掲載、読者投票で「愛読者賞」を決めるといったことをやっていて、当作品はコン氏の1976年か1977年のエントリー作品だった。いつものギャグ漫画ではなく、SFものだった。内容については、ネット上にいくつかこの作品に関する記事が上がっているので 興味がある方はそちらをご覧になっていただければと思う。
 ネタバレにならないように作品内容に触れれば、ある閉塞的な環境に置かれた未来社会で、ギスギスした群衆の心理を和らげ何とか社会を維持するために、政府があるシナリオを実行する。その代償となるのが3人の孤児の生。政府の思惑どおり、孤児たちの行動に大衆は感動し涙を流すのだが…といったもの。
 今となっては新鮮味があるストーリーではないかもしれない。ただ40年以上前に少年誌上でコン氏のほのぼのとした画風ながら「感動ストーリーには裏があること」を描いた意欲作だったと思う。当時小学生だか中学生だった自分は、大人がやたらと盛り上げようとする感動は胡散臭い、裏があると考えたほうがよいと思うようになった。まったく可愛げのないガキになった。(同時代に始まった「なんとかは地球を救う」は今もって観たことがない。)

 70年代には想像もつかないレベルの「高度情報社会」となり、報道ですら「真実」とは限らず、出処のわからない「感動」や「怒り」が個人の情報端末を介して世界中に拡散される。「手垢のついていない」感動は、自分が実体験して得たもの以外にないのかもしれない。
 しかし、その体験すら誰かのシナリオによるものだったら? 
 




    このエントリーをはてなブックマークに追加
プロフィール

msut

QRコード
QRコード
アクセスカウンター

    • ライブドアブログ