つづきです。
 
【変転】

 所轄消防署に事故詳細の確認を依頼したものの、そこはやはりすぐに回答が頂けるものではありませんでした。日はじりじりと過ぎていきます。

 一方で、リコール公表&会見の最終調整に入っていました。機器メーカー側に大手上場企業が多く、定時株主総会の日程が迫っていましたが、さすがの経産省もここは配慮したのでしょう、リコール公表と会見は7月初旬で落ち着こうとしていました。
 そこで念には念を入れての公表数値の最終確認にはいったところで、ある機器メーカーの製品(リコール対象製品には入っていなかったが用途が同じもの)にも、似たような製品事故が多発していることと、販売先の把握や回収状況が低い水準であることが明らかになったのです。経産省からは当然この際その製品についても同時に公表せよ、という指示です。
 
 どのような会見ストーリーにするか、協議会内での協議を重ねました。

 結局、件の人身事故については、会見の日までに所轄消防署の確認がとれない場合は公表を控えざるをえないという判断になりました。そしてまず事故があったことが明確な「報告済みの人身事故」について、「ユーザーの誤使用」ではなく「製品設計上の瑕疵があったこと」を認め、公表、謝罪を会見の場で行うこと、前述の機器メーカーの別の製品事故についても同じ会見の場で公表する、このような流れで会見原稿の練り直すことになったのです。

 この時点でカレンダー上では6月は終わりを迎えていました。
しかしこのままずっと月が変わらないのではないか、そんな思いにとらわれていました。

 次回はリコールCMについて少し触れておきます。