持ち時間5分でネタを披露するイベントに参加することにしました。
 5分というのは、長そういて短い、短そうでいて長い時間ですね。

 管理部門に異動してからもう大分経ちますが、営業部門にいた頃と大きく違うことは「社外の人」の前で話す、提案するという機会があまりないということです。社長、役員への説明、社員向け研修など人前で話す機会はあります。たしかに社長に説明、提案をするときは多少緊張するときもありますが、それでも「社内」ですからね。法務や広報からあの件で話がしたいと依頼すれば、内心は渋々ということがあっても、まあ30分なり1時間なり時間はとっていただけるわけです。それは研修や勉強会なども同じことがいえます。まったく拒絶ということはありません。

 そこに甘えというか弛みが生じているかもな、と思ったのが冒頭の参加の動機。

 営業担当の頃は思えばしんどかった。特に新規開拓などのときは、まあほぼこちらの話を聴いてもらう時間どころか、ほとんど門前払いに近いですからね。相手の話すら聴けません。何回か通ってようやく商談らしいところまでこぎつけても、そうそう長い時間はもらえません。
 採用してもらった販売先の社員向けの商品勉強会向けに張り切って資料を揃えても、他の業者が持ち時間を押したがために、こちらの持ち時間が減ったり、聴講する側が疲れきってはなから「もうこれ以上はいやです」という空気を漂わせていたりと、「話を聴いてもらう」までに費やす労力といったら。この点では営業担当者のほうが「タフ」になりますね。

 その頃を思うと、社外の人前で話すスキルというか感覚は明らかに鈍っていると思わざるをえません。
それで冒頭のイベントに登壇する側で参加することにしたのです。
 まあ「晒し、晒されてみて初めてわかる己の姿」ということがありますからね。

 他人の時間を「5分」いただくというのは、幸福なことだと思います。

 とはいえ、まだネタが纏まらないのですが。