2020年02月

2020年02月23日 17:47

 まだ最新号が届かないので(笑)、BLJ3月号の気になった記事から。

 実務解説「法務ドックのすすめ」、ベンチャーラボ法律事務所を立ち上げた淵邉弁護士の記事。
 動きの活発なテック系ベンチャー企業を念頭に、定期的に「法務ドック」を実施して企業リスクを早期発見・治療しようという内容として読んだ。
 内部監査とは「人間ドックの企業版だから」といい、今年バツがついたら次回までに改善に取り組みマルにすればよいのだ、というのは某親会社内部監査室長。内部監査に過度に警戒(?)する必要はない、という文脈での話でそれなりに共感もしたのだが、今回のタイトルに「ドック」という文言があるので引っ掛かった次第。

 法務と内部監査といえば「ビジネス法務」にて2019年5月号から8月号にかけて弁護士・公認会計士・公認不正検査士である樋口達弁護士が「法務部に伝えたい実効的内部監査のコツ」を連載していた。こちらの記事は「内部監査体制」が確立している企業の法務担当者向けであった。内部監査メンバーに参加するとき、または内部監査で不正・不祥事の端緒を掴んだ後の企業法務担当者の関わり方というもので、今回の「法務ドック」記事が対象とする企業とは異なる。

 内部監査の対象は、基本的にモノ・カネの動きに関わる部分である。モノ・カネの処理について規則・基準が設けられているか、それらから外れた処理をしていないか、規則・基準が形骸化していないかといったもので「会計上」の不正リスク発見・回避に軸足を置いている。ただ企業によって「内部監査」に対する考え方は異なる。広くリスクを発見するという目的で内部監査に法務や労務の担当者が参画することもあるだろう。自分が法務担当者として内部監査に参画したときは、「組織風土」の確認や許認可の取得状況、必要な資格者の登録・届出状況の確認といった内容で組織運営上・事業継続上のリスクの有無の確認を実施していたし、監査部門に軸足をおいた今もその方法を変えるつもりはない。今後はむしろもっと関わることになるだろう。

 本記事が「監査」に言及していない事情は、対象がスタートアップ企業だとしても我田引水と感じたところもないわけではない。会計系の「監査」に対して、法務系は「ドック」でいくという狼煙なのだろうか。法務から監査に移籍する自分からみると監査とドックを並立させる必要があるのかと思わざるを得ない。

 ただ記事の内容は自部門の業務運営上大変参考になったことは申し上げておく。

 


    このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年02月16日 23:13


 風邪からの復帰と休日なので音楽ネタ。

 先週はジャズ・ピアニスト(キーボーディストか?)のライル・メイズの訃報で力が抜けた。単独でこの名前を出すよりもジャズ・ギタリストのパット・メセニー・グループのキーボード、といえばわかる人もいるかもしれない。それでわからなくても「Last Train Home」は聴いたことがあると思う。

 iPadや音楽プレーヤーに収める楽曲データ、または所有できるLPやCDの数が制限を受けるとしたら、パット・メセニー・グループの「OFFLAMP」とエバーハルド・ウェーバーの「Later That Evening」は最後まで残すだろう。80年代初め、10代の終わり頃にジャズ(特にECMレーベル)を聴き始めるきっかけとなった2枚である。そしてどちらもライル・メイズがキーボード(後者はピアノのみ)を弾いている。 
 パット・メセニー・グループでのライルの活躍については多くの人が触れているだろうから、ここでは書かない。グループ名はともかく、パットとライルの双頭グループであったことは間違いないし、ライルが関わらなくなってからのパット・メセニーの作品は一味も二味も足らないと勝手に思っている。

   後者について。 
 「OFFLAMP」で虜になったライルがピアノで参加しているということでレコード店を探し回った。ちょうどECMレーベルの日本での供給元であったトリオ(現KENWOOD)のレコード事業部門が事業撤退した時期で、輸入盤を探すしかないと思っていたところ、八王子の山奥の大学生協のレコード売場でトリオ盤を見つけたときは思わず笑ってしまったのを憶えている。
 自分にとっては1曲目のライルによるピアノの旋律が全てであった。あれを聴かなければECMレーベルが手掛けた欧州のジャズを聴くことも現代音楽も聴かなかっただろうから、自分が聴く音楽の幅はかなり狭いものになっていたと思う。

 あれから40年近い年月が流れ自分が50代半ばとなっているのだから、当時夢中になったミュージシャンがこの世を去るのも仕方がないのだが、歳をとると失うものが増えていくとしみじみ思う。合掌。

 ちなみに「愛のカフェ・オーレ」は「OFFLAMP」トリオ盤の邦題。一体どうしたらこんな邦題になるのか謎だった。「第3の扉」は後者の邦題。これも意図がよくわからなかった。事業撤退間際のやっつけ仕事ではないとは思うが。









 





 

    このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年02月07日 00:35

 受注ノルマを持っていた営業担当者時代、課題とは、目標(あるべき姿、ありたい姿)と現状とのギャップだというように教わってきた。半期あるいは年間のノルマと手持ちの見込み案件の数字は常に乖離があり、それを埋めるために、半年、1年かけて何をしなければならないか。そのためのスキルは身につけているのか、よく上司に詰められたものだ。

 BLJ春先の恒例の企画「法務の重要課題」。数々の企業法務部門の管理職のコメントが集まっているので参考にしている。

 課題と一口にいっても、所属する企業の事業計画達成のために法務部門の責任においてクリアすべき課題と、法務部門(または法務部門管理職なり担当者)自体が抱える課題とがある。ビジネス環境が激変しやすい昨今、法務責任者の力量が問われるケースが増えることだろう。
 冒頭のかつて自分が受けた指導のように課題=目標とのギャップとすると、最小人数法務体制で注意しなければならないのは主観だけでなく周囲からきちんと評価を得たうえで現状認識できているかというところだろう。他の部門に企業法務に通じている人間がいればともかく、そうでなければ自己満足か自己否定の塊のような現場認識に陥るおそれがある。当然、課題解消のための打ち手もあやまることに繋がりかねない。気をつけよう。
 
 「保険」や「リコール」、「法務ドック」と気になる記事はあるのだが、次のエントリに回す。(体力の限界)

  

    このエントリーをはてなブックマークに追加
プロフィール

msut

QRコード
QRコード
アクセスカウンター

    • ライブドアブログ