4月になりました。
 勤務先は2月決算なので既に新年度は始まっているのですが、定期採用の新入社員は当然4月入社。今年もやってまいりました、新人研修の季節です。半ば形式的な感じもなくはないのですが、人事部門がきちんとコンプライアンスやらCSR研修のコマを確保してくれます。
 自分が入社した80年代後半は「CSR」「コンプライアンス」なんて言葉は世の中に出回っていませんでしたし、販売部門の教育担当していた00年代初頭はエンロン事件が発覚した頃、つまり「題材」が登場した時期ですね。まったく新入社員研修のカリキュラムひとつとっても、歳月の流れを感じますなあ。

 とはいえ入社手続きをようやく終わらせたばかり、会社ってどんなところ?というまっさらな新入社員にCSRだ、コンプラを説くのは、管理職相手に説明するより難しいものですね。
 「CSRガイドブック」なるものはあるのですが、新入社員対象に作成したものではありませんし、読み上げたところで、読む方も聴く方も眠たくなるだけです。新入社員研修の講師に課せられたノルマのひとつは、「眠らせない」ということだと思っているので(自分が居眠りしていたことは棚に上げて)、いかに下を向かせないか(下向いたら間違いなく眠ります)という工夫をするかに尽きます。

 ということで、久々にパワポ・アニメ効果付(資料は研修終了後配布)でCSRの背景、コンプライアンスって何?というところから、「不祥事は他人事でない」、これは外せない話題として「SNSとの付き合い方」、何かあったら内部通報制度を利用してね、ときっちり2時間眠らせずに話をしたのですが、どのように受け止められたものだか。

 自分にしても新入社員研修のうち座学の部分はほとんど記憶に残っていませんので、何か1フレーズでも憶えておいてもらえば幸運と思うのでした。

 それにしても10年前は1泊2日コースの研修講師もなんなくこなせたのに、2時間で息があがるようでは。体力が落ちたということか。