松本隆氏の作詞活動45周年トリビュート「風街であひませう」を手に入れました。
「限定」ということばに弱い自分は「完全生産限定盤」のほうをついポチっとしたのでした。
カバー曲集である「うたう」と歌詞の朗読集である「よむ」のCD2枚構成です。

 45年と数字だけみると「長いな」の一言で済んでしまいそうですが、アグネス・チャンの「ポケットいっぱいの秘密」や太田裕美の「木綿のハンカチーフ」がテレビやラジオから流れているのを耳にしていた小学生がいまや50代に突入しているといえば、その歳月の長さというか重みがわかると思います。
ガキの時代から大人になるまで、歌手の好みは別にして松本氏の歌詞がずっと身の回りにあったのだといまさらながら思った次第。

 自分にとってのツボを少々。
「うたう」はやはり最後の細野晴臣御大のうたう「驟雨の街」。「埋もれていた」はっぴいえんど時代の曲。今回詞に手を入れなおしたそうですが、ギター:鈴木茂、ドラムス:松本隆!と大瀧詠一の不在が悲しいメンバーで吹き込まれています。はっぴいえんど以外のなにものでもありません。YUKIがカバーした「卒業」もシンガー本人のこの曲に対する思い入れ(ライナーノーツにあります)がストレートに伝わっていると思います。

「よむ」は斉藤工、井浦新、宮崎あおい、有村架純、広瀬すずといった旬の俳優が詞の朗読しています。楽曲を取っ払った歌詞の朗読というのは一筋縄ではいかないと思います。ことばそのものと読み手の力の両方が問われますからね。実際の楽曲が流れた時代に生まれていなかった俳優にとっては、挑戦そのものだったのではないでしょうか。リアル組の太田裕美、薬師丸ひろ子、小泉今日子、斉藤由貴が登場してくる後半が山場ですね。太田、小泉の2人は自分の持ち歌以外を歌詞を選んでいますが、薬師丸、斉藤は持ち歌を朗読しています。斉藤由貴自らが朗読する「卒業」を聴く日が来るとは思いませんでした。
最後を飾るのは作詞家本人による「風をあつめて」。ややぶっきらぼう気味で『ゆでめん』での朗読と重なります。

 80年代すら30年前、歌詞がいっこうに古びないと感じるのは、人の心の「不変」の部分に触れているからなのかもしれませんね。

 それはそうとジャケットの女性のイラスト、味があります。勝手に「ゆびきり」や「水彩画の町」をイメージして眺めています。