一昨日のことになりますが、第4回法務系LTに参加、前回に引き続き登壇させていただきました。
既に@kataxさんによるまとめや当日登壇された方のブログ、SNS等で当日の会場の雰囲気が伝わっていると思います。感想をひとことでいえば「熱かった」。著作や論文等で活躍めざましい気鋭弁護士のトークが生で聴くことができるというのは(セミナーを除けば)滅多にないことですし、異業種企業の法務担当者が今何に関心があるのか、何を問題視しているのかがわかりますからね。


 2年ぶり4回目のイベントでしたが、「5分で法務ネタを話そう」という柱に変わりありませんが回を重ねるごとに運営やイベントの姿が変貌していくことは止められませんね。小さなハコとはいえ商業施設で開催し 、入場料と飲食代を支払って登壇、聴講というスタイルが受け容れられるかと思っていたのですが、イベント告知とほぼ同時に満席という驚きの状況としか言いようがありません。 皆、このような機会を待ち焦がれていたということなのでしょうか。
 登壇者とすれば入場料からギャラが支払われるわけではありませんし、自分も支払ってはいるのですが
カネ取っているイベントということが頭の隅にこびり付きます。(その割には手ぶらで登壇しましたけどね)大いに盛り上がり楽しみましたけれども、このまま「商業化」するわけにもいきませんしねえ。
 一晩ちょっとおいてこんなことをふと思ったのでした。

 また会場内で複数の若い方から「レベルが高すぎて自分なんかまだまだとても」という声を聞きました。
 確かに今回は弁護士の登壇が多かった点はありますし、皆破綻することなく見事に5分間に収まっていたからそう思えたのかもしれませんが、それは蓋を開けてみての結果に過ぎないのですよ。
まだまだ、なんていっているうちにすぐ歳をとってしまいます。グイグイと前に出てしまえばいいのですよ。情報というものは発信した人に集まるのです。長い人生の中で5分間、ちょっと恥ずかしいだけのことですよ。次、期待しています。

 さて当日の口頭メモは以下の通りでした。

 1 DD対象会社は為すすべがない
 2 嘘も方便、従業員には「監査」で通す
 3 FAの仕切りは保って3日
 4 資料作成不要は嘘
 5 粘れるだけ粘る(当日カットしました)
 6 リークはつきもの
 7 登記が終わるまでがM&A

 最後にしばけん先生はじめ運営スタッフ一同、聴講していただいた方に御礼申し上げます。