話題の「法のデザイン」、アフターインターネット時代を見据えた本書をビフォアー・インターネット世代が脳にこむら返しを起こしながら読んでみました。
 勤め始めたときに業務ツールとしても、生活ツールとしても電子メールやインターネット環境(携帯電話もなかった)もなく、これらの環境が整ったのは30歳を過ぎてから。物事の発想のスタート地点に「インターネット」がない世代なのに、もうアフターインターネットとは…

  幾つかのエントリで触れたと思いますが、自分の勤務先は規制や許認可の厳しい業種に属しています。その中でこれまで自社の業務で官需営業、社外業務では末席ではありましたが自治体の協議会、業界団体の会務に関わってきたことがあります。(業界団体については今も関わっていますが)規制が厳しい一方、行政とのパイプが何本もあるし、法や制度が創り出すマーケットの恩恵を受ける業種であることを身を持って体験しています。法や制度に込められた行政の意図やそれを支える仕組みをよく知ることでビジネスを拡大していくというか、法・制度はうまく使い倒すものという気持ちが今もどこかにあります。(だから、こんなことをいってはあれなのですが「法務といえば法令遵守等」には居心地の悪さを感じるのです。)しかし、ある補助金市場に食い込もうと走り回っていたときに痛感したのは、法や制度が整備される頃にはビジネスの仕組みもほぼ出来上がっているということ。法・制度の整備に「汗をかいたもの(官民問わず」が最初に利益を手にするの自明の理で、法・制度を守る、利用する側にいるだけでは、いつまでも先行者(本書の表現を借りれば法をデザインする者)に追いつきません。ビフォアー・インターネット時代においても情報格差は当然あり、インターネットがない分、もしかしたら情報を持つ者と持たない者の格差は大きかった可能性もあります。(考えつく理由は多々。ここでは触れません)
 ではインターネット時代ではどうなったかというと、公知情報の量が増えただけで格差は縮まっていないという印象です。(あくまで自分の感覚)

 企業法務担当者は自社のビジネスに関する法に通じるのが当然、であれば法や制度の整備の際にもっと関与できればよいのですが、業界団体には主に事業企画や技術部門の人間が参画しますし、その団体も顧問弁護士を置くことがあります。したがってパブコメなど事業者(団体)として意見を出すときに間接的に事業担当者から意見を求められることはあるにせよ、直接関与する機会は少ないかもしれません。そこにもどかしさを感じている人もいると思います。

 それゆえ、本書1部の「リーガル・デザイン論」は若い法務担当者の心をつかむだろうと思いました。

  
 第2部は、BLJ連載の論稿が下敷きになっているもので、個人的に関心がある(というか理解が追いつく)1.音楽 9.ハードウェア 10.不動産の3項から読みました。このうち1.は自分が10代の時からのアイドル、ブライアン・イーノの引用や試みに触れていたからで割愛します。
10も以前エントリーを書いた記憶があります。

 9.ハードウェア、特に製造物責任に関する記述はBLJ連載時にも少し引っ掛かりを感じていました。
消費者ではなく事業者に近いメイカーにふれた箇所。メイカーズの存在を容れることができる業界とそうでない業界とがあるという点。またメイカーズのプロダクトと判っていて購入・使用したユーザーといえどいざ製品事故が発生したときに自己責任を受け入れることができるかという点。自社のクレーム処理の業務や業界団体の消費者関連分科会の会務に身を置いていると、まだまだメイカーズの免責という考え方が理解されるには時間がかかるだろうというのが実感です。

つらつらと読後感の断片を書きなぐってきましたが一旦まとめを。
本書の読者層はインターネット世代、デジタルネイティヴ中心。現在あるいは近い将来の中心世代(特にリーガル周辺)に向けたエールのようにも思いました。
 しかし本当に本書を手に取るべきはビフォアー・インターネット世代(要するに50代以上)ではないかと。正直なことをいえば本書の内容をすべて手放しで肯定できるわけではありませんし違和感を覚える点もあります。高齢化が進んだ社会、50代前半の自分も少なくともあと10年から15年はビジネスの場にいなければ食っていけません。この間に本書に描かれた幾つかの事柄は現実化しているでしょうし、仮にビジネスの場から引退したとしても、今度は生活者・消費者として「アフター・インターネット時代」を生きていくことになるわけです。自分の上の世代のようにお上や世間に同調していれば安泰かというとそういうことはないわけで、主体的に世間の仕組みに関与していくか、関与できなかったとしても仕組みを使い倒さないと生き抜けない、そんな気がしています。
これから先は高齢社会が終息しない限りはビフォアー・インターネット世代からデジタルネイティヴ、そしてアフター・インターネット世代が共存していく時代。それぞれの世代の視点を踏まえた上でのリーガルデザイン論であれば、と思ったのでした。

あまり書評になっていなくてすみません。