7年です。当事者では当然なく、何かできたわけでもないので静かに手をあわせるのみ。

 あの直後、BCPだのなんのと「ブーム」のようになりました。無論それは必要なことではあるのですが、防災体制、サプライチェーンをはじめ生産や物流拠点、事業の見直しまで。コンサルからの営業が増え、会社あてに中部以西の自治体からやたらと地元工業団地への移転誘致のパンフレットが送られてきました。
 災害時にいかに事業を速やかに再開するか、具体的な計画や手順が構築しているか。その数年後の雪害の際に震災を契機に不可抗力免責のハードルが上がっていますよと指摘されたこともありました。

 しかし製造業についてのここ数年の様子をみてみると会計や品質管理など、災害とはまったく次元の違う問題で経営の根幹が揺らぎ、信用を失っています。BCPなどしっかり整備しているであろう企業ばかりです。「事業継続」とはなんぞや。

 いや、他所様のことをあれこれいえる立場にありません。

 本当に何をしてきたのだろうと自問するばかりであります。