ここのところ、業務に占める割合が高くなりつつある実態監査。
ガセのような情報もある一方、ボロボロと事実がこぼれ落ちてくる事案もあります。
 相応の準備をして当事者と相対し動機なり理由を尋ねても一筋縄ではいきません。涙をぽろぽろ流し反省を口にしても、提出してくる経緯書には先ほどの自分の弁明と矛盾した内容をつらつらと書いてくることがあります。「平気で嘘をつくことができる」人物といってよいのかわかりませんが、こちらもタフに応じていくのみであります。しかし、そういう人物を自社組織内で「生んでしまった」または「成長させてしまった」という点は真摯に受け止めるべきだと思い胃のあたりが重くなる日々。

 ビジネス法務2018年5月号特集「実践的コンプライアンスの要所をおさえる不正の心理」。
読みながら「ああ」と嘆息しながら頷いたのが以下の記事。
  • 「犯罪学理論にみる従業員不正の心理」公認不正会計士 山本真智子
 本稿Ⅱ「不正のトライアングル」で提唱されている【日本型不祥事のトライアングル】。確かに従来の「動機」「機会」「正当化」だけではうまく説明しきれないものが「無責任」「無知」「無思考」を加えるとすべてではないにせよ不正行為の対策がみえてくるかなと思いました。
そして同じくⅤ「企業風土から考える従業員不正」。
 文化(ここでは企業)に所属する個人は、周囲の人々の影響を受けて習慣・態度・価値観・行動などを習得(これを社会学習という)し、また、観察して得られた他人の行動・振る舞いをみずからにも取り入れていく
という社会学習論の説明は、思い当たる事案が脳内でいくつも点灯してしまいました。また不正行為とは少し違いますがパワハラを受けて育った管理職が下の世代にパワハラを働いてしまった事案を思い出しました。
 組織のなかでの成長段階で経験、あるいは見聞きしたことが不正行為に繋がっているのであれば、現在自分が相対するいくつかの事案の種は何年も前に蒔かれていたということになります。そこから育った幹や枝葉は今いったいどこで何をしているのか? 嫌な汗が出てきます。

 適切な教育や訓練を通じて改善していく余地は当然にあります。また些細な不正にも全力で立ち向かう姿勢をみせることも必要と思います。

 諸事情あっての属人的組織風土。風土を改めるその道は長い、しかし全速力で走っていけるのか。再び自問自答の時間に戻る。