IoTだのAIという時代にanalog/digitalという分け方かと思うのですが、育ってきた環境がanalogなので仕方がないのですよ。

 マンサバさんが現行iPad Proの入手を薦めていますが、実は自分も春先に購入していました。あまり使いこなしているとはいえませんが。購入の動機は、老眼が進んでiPhone plusの画面でも文字を追うのがしんどくなったからいうのもありますが、便利そうなので使ってみようというのが大きいですね。手書き認識も良くなっているというので、(最初はいらないやと思ったのですが)Apple pencilを買って使ってみたところ、手書き文化で育ったおじさんには思った以上にしっくりきたのです。
そこで「待てよ、この感覚は昔経験した」と20数年前の90年代中頃に使っていたSHARPのZaurusを思い出したのでした。
 当時の所属部門の課長、それまで手書きで思いを伝えろ!みたいな人間だったのが、突然機械化に目覚め「お前ら夏の賞与でZAURUSを買え!」と強権発動し、家電量販店でまとめ買いするからとゴリゴリ値引きして購入、問答無用で課員全員に現金引き換えで配布されたのでした。連絡先や簡単な通達、活動テーマなど赤外線通信等でやりとりしたような記憶があります。当時としては、進んだ取り組みではなかったでしょうか。Zaurusにはタッチペンでの文字認識という機能があったのですが(Apple社との共同開発だったはず)、なんのことはない、四半世紀近くの年月を経て戻ってきたというところですが、利便性は比較のしようがないほど向上しています。技術の進化はそれを受け容れようとすればちゃんと恩恵をもたらすということでしょうか。

 会社の業務だけでなく日常生活のあちこちに先端情報技術が採用されている時代。ビフォーインターネット世代だからわからない、使えません、では日常生活にも支障をきたすだろうと思います。生死に関わるような支障は今のところないでしょうけれども、時間や手数料など必要のなかったコストをむざむざ負担してしまうということは既に起こっていますよね。
 業務ではもう関わることはないかもしれないけれども、この先何十年も生活していく、おじさん世代こそ生活防衛のために最新の情報技術はおさえておく必要があると思います。

 まあそんなわけでデジタルとちゃんと向き合おうと思う晩夏の午後でした。