心身の疲れか衰えなのか、通常業務はこなしているものの法律系の情報から距離を置いて数日。
たまたま近藤史恵の「サクリファイス」シリーズの3作目(スピンオフの短編集は除く)「スティグマータ」が文庫化されていたのをみつけたので読む。

 自転車のロードレースチームを舞台に、エースではなく「アシスト」を主人公に据えたシリーズですが、アシストが負う酷な役割をきちんと描いている小説だと思います。チームの勝利のため、エースを優勝させるため、風よけ、牽引役、ライバルを消耗させるためのアタック、ときにスポンサーを満足させるためにTV中継で大写しになるような走りまで要求される。エースはアシストを使い倒し、アシストはエースのために己の体力・能力を使い切る。「サクリファイス」とはよくいったものです。
第1作目の「サクリファイス」が刊行されたのは2008年。勤務先が売却され資本が変わり組織も流動的に変わる期間の始まりの頃、部門長は上にいるものの「法務」「広報」業務の経験者はなく、組織内における位置付けも混乱している状況で自分はどういう職業観を持って働くべきなのか、そういう思いが幾度となく浮かぶものの、日常業務に落いつくのが精一杯でした。

 それから10年。
 年末に事情があってとある面談に臨んだときに、10歳は年下であろう相手に「あなたは攻めの法務ですか、守りの法務ですか」と訊かれ苦笑いで応えるぐらいまではきました。
 世の中の大概の事業会社では収益を稼ぐ部門が「エース」であり、「攻め」であろうと「守り」であろうとバックオフィス部門に位置付けられる以上法務部門等が「アシスト」であることに変わりはないと思っています。
自転車のロードレースにおける「アシスト」が、ときにエースに先行してレースを作る、伴走して牽引役、風よけとなるのと同じような役割を果たすことができればいいかと。 
 ただしアシストとして使い倒されるにしてもそのための経験や能力は必要で、それが備わってなければ「アシスト」としてエースに選ばれないのはいうまでもありません。
 一方アシスト側から使い倒してくれる相手を選ぶことがあってもおかしくなく、使い倒されがいのないチームから別のチームに移籍するのはプロとして当然のことでしょう。経理や法務部門の担当者が転職する理由も似たようなところがあると思います。

 「スティグマータ」では、不安定なエースの様子を見てアシストとしての仕事をせずに自分のレースをしないかとのチームメイトが誘ってくるのに対して、エースと一緒に走ると主人公が言い切る場面があります。自分だったらそう言いきれるか。
 
 使い倒され、使い切るアシストになれているのか。爽快なスポーツ小説を読んだにもかかわらず、読後にそんな思いを抱えたのは、やはり疲れているからなのでしょうかね。