法務系エントリは後で上げるとして。
 
 久々にCDを買う。マイルス・デイヴィス『RUBBERBAND』
 1985年に録音されていながらお蔵入りしていた音源にヴォーカルやその他音源を加えミックスし仕上げたもの。マイルス本人がとうにこの世の人ではないので、このような手法で発表することに賛否はあるかもしれない。でもマイルスが存命だとしても30年以上も前の音源をそのまま発表するような人物ではないので、これはこれで「あり」と勝手に思う。本人が存命だったら例によって「shit !」というかもしれないが。

 新しい音源を加えているとはいえ「あの頃の音だよなあ」という瞬間がある。そう思う時点でもう完全にシニアなのだがこればかりはどうにもしようがない。この週末もヘビーローテションしていたのである。