週半ばから工場の内部監査往査。
 経費抑制のおり物理的に通える地域だったので3日間早起きして通う。その反動でどっと眠気に襲われている週末、自分の鼾で転寝から目が覚める始末。
 
 創業の地にあり、業歴は長くかつては売上の筆頭工場の地位にあったが…という組織部門を抱えている企業は多いと思う。上層部、ベテランは往時のことが身に染み付いている、間接部門の中堅以下若手世代は苦しい時期のことしか記憶にない、製造現場は日々の仕事に満足。業績が冴えない製造業には珍しくない姿かもしれない。

 帳票を確認する限りは何の問題もない。しかしそのプロセスを探っていくと何かがある。帳尻合わせだけが上達しているのも「業歴の長い」組織の特色かもしれない。ルールが形骸化したのか、否それ以前にルールが整備されているのか、ダブルスタンダードなのか、いつ始まったのかも定かではない慣習に業務が左右されていないか等雑談交じりに業務実態を聞き取っていく。ときに「実はこうなのです」という告発めいた話を聞くことはある。もちろん鵜呑みにはできない。そのような話が出ること自体を問題視する。

 企業統治、内部統制…ここ20年の間に随分と企業経営は変革を求められているし、実際に変革に取り組んではいる。しかし、企業ガバナンスの手本のように扱われ法律雑誌にその取り組みが記事掲載された企業が不正会計や品質偽装等により手のひら返しされている事例をみると、企業組織の端々にまで「企業統治」なるものを行き渡らせることの難しさを感じる。

 不正・不祥事またはそこまではいかない「不都合」、発覚してみれば現場の「この場所」「この時点」で「気づいていれば」「対応していれば」ということが多い。そしてそれは往々にして各部門で実務を担当する中堅以下社員の業務範囲にある。
 仕事の質は細部に現れる。ではその細部まで誰がどのように行き渡らせるか。
 ここを明確にしていないまま、という組織が実は多いのではないだろうか。