2019年12月31日 17:06

どこからどこへ 2019

 季節感に乏しい生活を続けているとはいえ、今年の年末感の欠如はどうしたものか。
なすすべもなく大晦の日を迎えての定点観測エントリー。

 このまま今の職場で働いていてよいのかとゴソゴソと次の進路を模索しているうちに、年度が変わり、その直後の起こった勤務先の経営体制の刷新により図らずも次のキャリアが転がり込んできた、というのが今年のトピック。後にも先にもこれしかない。とはいえ人材不足が常態化している組織の常、企業法務の仕事を手放すこともできずに不条理な兼任業務をこの時点まで続けてきている。
「とにかくガバナンス基盤の構築に手を貸せ。俺を助けろ。」春に就任した新しい経営トップの命令とも脅しともつかない一言に乗ってしまった以上、諸々の無理を合わせ呑んでの9ヶ月であった。
 
 その要求にすべて応えることができたかはまだわからない。法務の視点、内部監査人の視点と器用に使い分けができるわけでなく(そもそも使い分けが求められること自体があれなのだが)、己の視界を拡げる機会と割り切ってきたように思う。監査系の書籍に加え、まったく久しぶりに会計系の書籍や情報を漁ることになり、何かと鈍ってきた脳味噌に多少刺激を与えることにはなったとは思う。(脳味噌に取り込んだとはいえないが)

 Business Law Journal 2020年2月号での定番企画「法務のためのブックガイド2020」。大掛かりな法改正関係の書籍が前年度に出尽くしてしまったためなのか、件の経産省レポート内容やリーガルテック系の興隆を受けて思うところのある人が増えたのか、法務実務担当者が挙げる書籍はこれまでになくバラエティに富んでいた。そこに「法律専門書」が占める割合が減っている点が気にならないわけではないが、企業法務の未来は、これまでの業務の延長線を引くだけではやって来ないと感じていることの現れではないか。自分はそのように受けとめた。
 テクノロジーの導入によって企業の業務の(過去からつながる)現在と未来とが突然断絶することはないだろう。橋渡しの役割を負うのか、タイムカプセル の役割を負うのか、あるいはあらゆる出番を失うのか。それはわからないが、未来の到来が予想よりも速まることはあるので、いかなる時点であれ自分が恐れ慄かずに済む程度の「知識」なり「経験」は身にまとっておきたいとは思う。

 徐々に更新のペースが落ち、ノイズも増えていった2019年の本ブログ。にもかかわらず訪問していただいた方には心より御礼申し上げます。
 よいお年をお迎えください。




    このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

msut

QRコード
QRコード
アクセスカウンター

    • ライブドアブログ