2020年01月18日 17:45

とにかくデスクに置くのだ 「メーカー取引の法律実務Q&A」

 今回も購入書籍についてのエントリー。

 島田事務所の弁護士が手がけた「メーカー取引の法律実務Q&A」(商事法務刊)。結論からいうと帯にあるように「メーカー法務あるある」の集積、そして虎の巻ともいえる。
 数年前、島田事務所の講演&懇親会にクライアントでもないのに出席させていただいたときに、会場を埋めるクライアント企業の錚々たる顔ぶれに臆して早々に退散した。思えばあのクラスのメーカーとのさまざまな事案がこの書籍の各項の基となっているだろうから、「あるある」になって当然とは思うがそれにしてもよくぞ発刊していただいたと思う。契約(書)にかかわる書籍はあまたあるが、全方位向けの内容では食い足りないし、知財、独禁法、下請法に特化した書籍もあるが、実務では使い勝手がいまひとつ。毎日の業務で営業や購買や工場、サービスといった各部門から遠慮も配慮もなく投げられてくる問い合わせを捌くための参考書はないかと思っているメーカー法務担当者もいるのではないか。そんなときに本書籍である。

 構成は全7章、Q&Aの総数は169である。目次を確認して自分の業務に関連する箇所に付箋をはっていこうとしたが、自社で手掛けていない海外事業の章以外はほぼ付箋をはることになりそうなので、感嘆した。と、同時にメーカー法務の困り事、悩み事は同じなのだなと妙に安心したりもした。
 
 自分としての本書のポイントは「第3章 契約履行後の段階」のQ&Aの数(最多の55項目)と内容の充実ぶりである。例をあげれば「法的責任がない場合に営業的対応として無償対応を行うことの可否」「保証期間後経過後に安全上の問題が発覚した場合の対応」「標準耐用年数と保証期間の関係」「エンドユーザー対応を先行させた場合の対応費用の負担の要否」など、「ああ今週もこんなメールが来た!」というメーカー法務ならではの事案がこれでもかと続く。特にメーカーの新人法務担当者にとって心強い存在になるだろう。尻に火がついてあわてた各部門の担当者からの問い合わせに取り急ぎコメントを返すことで信頼を得るにはもってこいである。(少々あざといか、でも会社の中とはこんなもの)

 現行の内容でも十分なのだが、この章があれば完璧・無敵と思ったのは「災害発生時の対応」だろうか。自社が被災したとき、調達先が被災したときなど契約書の「不可抗力免責」条項が適用される場面ではあるが、それでも対処に右往左往することがあるときである。災害の多い日本では天災地変の場合の免責のハードルが高くなると指摘する弁護士もいるので、本書だったらどのようなanswerが掲載されるのか興味がわく。
 
 ともあれ、メーカー勤務の若手法務担当者はとにかくデスクに置くべき1冊であるし、メーカー法務部門長が購入経費を認めてもよいと思う。(大きなお世話だが)

 ちなみに自分は自費購入であった。まあ、しょうがないね。


メーカー取引の法律実務Q&A


    このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

msut

QRコード
QRコード
アクセスカウンター

    • ライブドアブログ