2020年03月29日 15:22

ガイダンスとしての1冊 Q&Aでわかる業種別法務 製造

 春の雪を眺めつつ。

 書籍エントリー。今回は「Q&Aでわかる業種別法務 製造」。すでにdtkさんやちくわさんがエントリーにアップしているので出遅れ感があるが、自分なりのものを残しておく。

 結論からいえば、デスクの置く1冊であることに異論はない。
 先に取り上げた「メーカー取引の法律実務Q&A」はある程度場数を踏んだ担当者の期待に応じる「玄人モノ」とすれば、こちらは就職して法務に配属された新人、製造業に採用あるいは出向したばかりのインハウス向けのガイダンスといった色彩が強い。製造業の標準的なビジネスフローに沿って法務業務範囲をほぼカバーするQ&Aをコンパクトに250ページほどに収めてあるのは見事である。

 Q&Aの形を借りたガイダンスの編集は案外難しいものである。自分も業界団体の会務で何回か作成編集に関わっているが、ガイダンスの読者に対して伝えたい「A」を説明しきるために「Q」を作るということが多い。そのために再度「Q」を見直すこともあるし、「A」そのものも出身企業の事情が絡んでなかなかまとまらないということもままある。本書の編集段階でも似たようなことが繰り返されたのではないかと勝手に想像している。(5稿ぐらいまで進んでちゃぶ台返しのようなこともある)

 あえていうなら、という点を少し。

 メーカーはどうしても工場が主体となるが、その工場の運営に必要な許認可、各種届出といった業務、自治体等行政機関、近隣との渉外業務は工場の総務・労務・保安部門が担っており、平時に法務が嘴を挟むことはない。新興業種の法務界隈で話題になる「ロビー活動」についても製品事業部門が「事業団体」を通じて行っているので、こちらも平時に法務が関わることは考えにくい。大企業であればあるほど分業が確立している。そのような環境で法務部門(担当者)がどのように存在感を保ち、発言力なり権限を手に入れていくか、これこそ「Q」の一つではないだろうか。本パートで「あるべき論」が書かれてはいるが、どうもさらりとしたものに感じられた。(どこまで書けるかという問題もあるが)
 「工場」に関していえば、「ガバナンス・コンプライアンス」の章。環境法令に抵触した場合や休業災害が発生した場合など、工場責任者がいたとしても法務の出番が回ってくるケースがある。法務主体の業務ではないと落としたのかもしれないが、事業上のリスクなので取り上げておくべきではなかったか。
 また執筆陣が大手企業法務の人である以上仕方がない面もあるのだが、発注者側の視点のQ&Aが多いという点。調達・製造の章が顕著であったが、製造業は数多の中小企業に支えられている現実から子事業者、請負者側の立場のQ&Aをいくつか設けてもよかったのではないか。(読者をJILA所属者に限定しないのであればなおのこと)
 このあたりが少し引っ掛かったのである。

 とはいうものの、繰り返しにはなるがガイダンスとして良書であることに変わりはない。

 最後に本書含む業種別法務シリーズについて。
 自分が所属する業種だけでなく、取引先や諸々折衝先業種の「法務」業務を知る機会を提供してくれるシリーズだと思うのであと数業種購入しようかと思う。









    このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

msut

QRコード
QRコード
アクセスカウンター

    • ライブドアブログ