2020年04月29日 23:58

「中心」⇄「周辺」 ビジネス法務2020年6月号

 「非日常」が「日常」にすり替わり、なすすべもなく月末を迎える。

 ビジネス法務2020年6月号の走り読み。特集「企業法務の周辺学」。新人弁護士・法務部員向けの記事らしい。
 本題とは関係なく、まず「周辺」なのか、それとも「周縁」なのかというのが気になってしまって余計な調べ物をしてしまった。「周辺」「周縁」にしろ「中心」が対語となるのだから、企業法務の「中心学」とは何になるのかという、これまた余計なことをぐずぐずと考えてしまった。
  中心と周辺とに分ける以上(企業法務の仕事の)中心と周辺とを分ける「縁」がどこに引かれているか?その位置は企業によって異なるのはいうまでもないだろう。全ての企業法務に共通する「縁」はないが、「縁」に接している公約数的なものが「税務」「会計」だと割り切ったのだろうか
もちろん税務・会計に関する一定の理解は必要だが、たとえば労務など他に取り上げてもよい分野はあるように思った。
 他部門の業務に関することだけが「周辺学」ということではないだろう。冒頭のユニ・リーバの小林氏の稿のⅢとⅣで触れられているが「日本語力」や「一見法律や法務とは関連しそうにない知識や経験」を「縁の外」から「縁の中」に取り込むことが大切ではないかと思う。

 自分が思った「周辺学」について。
 新人の企業法務担当者が突き当たるのは、「法律なんて細かいことは気にしていられないよ」「もう了解しちゃったよ、この条件」「今すぐ法務の見解をちょうだい」といった猛者を相手にしなくてはならないこと、あるいはうまく回って当然、労多く報われることの少ない仕事に心折られることであろう。どうやって相手に自分の意思をうまく伝えるか、リーガルリスクを小さくするための望ましい行動(交渉)をしてもらうにはどうしたらよいか。自らのモチベーションをどうやって上げるか等、行動心理学やコミュニケーション学、セルフマネジメントの分野も「周辺学」と思う。人との接し方、交渉ごとは理論だけではうまく回らないないことが多いとは思う。それでも理論を知っていることで、少しは余裕なり自信をもつことにつながるかもしれないので。

 今回はこんなところで。当面早出のシフト出勤(在宅勤務って何のことやら)。
 
 
 


 





  

    このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

msut

QRコード
QRコード
アクセスカウンター

    • ライブドアブログ