2020年05月16日 17:29

法務育成のための基本スキルは? 会社法務A2Z 5月号から

 緊急事態宣言解除前だが徐々に人の動きが戻ってきた。

 後進を育てる観点から会社法務A2Z5月号の特集記事「今こそ確認しておきたい『法務の基本スキル』」に目を通した。自分は法務異動時にまともな研修教育を受けていない。何が基本で応用なのか皆目見当もつかないうちに炎上事案が続き、その勢いを借りて生きてきたようなもの、無手勝流もいいところである。こんな法務担当者が代々続くようではいけないと強く思っているのだが、現実はそうはいかない。あと何人か法務担当者の代替わりがないと難しいかもしれない。

 多くの企業が在宅勤務体制を敷いたこの春に法務に配属・異動された方は、日々どのように企業法務の仕事を体得しているのだろうか。記事を読みながらまずそのことを思った。特集記事で取り上げられている内容は自分のような者は異論を挟みようがない「基本のかたち」である。法務担当者自らがこれらを毎日コツコツと実務を通じて繰り返し身につけていくことが大前提である。そのうえで上司・先輩部員の指導が上積みされてやがて担当者として独り立ちしていくのだろうが、春先からの環境下で上司・先輩部員から指導を受ける機会が得られているか、そして上司・先輩部員は適切な指導を行えているのだろうか。

 今回のコロナ禍到来前から在宅勤務体制やそれを支える仕組みやツールを整えていた企業は別として、3月末からの今月までの短期間では「収益部門の業務」優先で突貫で整えるまでで精一杯という企業もあったと思う。それはやむをえないだろう。しかし今の「非日常」を「日常」に置き換えていくなら、後回しにしてきた業務もそれに置き換えていかなかればならないだろう。そのなかで日々の後進育成という職務をまた後回しにしてはならないだろう。
 現在管理職から経営陣の立場にある40代や50代の人間は新人時代は先輩社員や上司にくっついて仕事を覚えてきた人間が多いだろう。ときに鬱陶しいと感じながら先輩社員の武勇伝なり失敗談を聞かされ、あるいは自分がミスをしたときの詫びの入れ方、取り返し方を自分の代わりに頭を下げる上司の背中を見ながら学んだというパターンだ。これらの良し悪しは当然あるが、上司・部下、先輩・後輩が常にそばにいるから可能だったということだ。しかしその前提がなくなったら?

「在宅勤務が当然の職場」に応じた後進育成のためのスキル(といってよいのか?)が管理職や後進育成担当者に自然に身に付くわけではない。それは企業法務部門においても例外ではないだろう。この時期法務系の雑誌は担当者向けの「自己研鑽系」記事が掲載されることはあるが、法務部門管理職に向けた記事は少ない気がする。(知らないだけかもしれない。)
 職場(職務)環境がガラリと変わる今、必要なのは後進育成スキルアップ(チェンジ)ではないか。

 と、本誌記事とはあまり関係ないエントリーになってしまった。








 

    このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

msut

QRコード
QRコード
アクセスカウンター

    • ライブドアブログ