2020年07月18日 18:18

会計と人の心  「企業会計7月号」から

Accounting(企業会計) 2020年 07 月号 [雑誌]
中央経済社グループパブリッシング
2020-06-04

 更新できないまま7月も後半に。
 月刊誌を通読できないまま、次の号が発売されてしまいなんとも情けない。

 というわけで、前月号になってしまうが読んだ本の読後感をかきとめておく。
 「企業会計7月号」。法務の仕事もあれなのに会計の本まで読む力があるのかと自分でも思いながらも
特集記事「これからの人事マネジメントを見つけよう『心を動かす』管理会計」というタイトルに惹かれ手にとった次第。人事マネジメントの手法や質もときに「リスク要因」と考えるので。

 コロナ禍の影響は今期の業績に少なからず影響を与えていて、対事業計画をどのようにクリアしていくか。コロナ禍は特殊要因とはいえ、有効な予防・治療方法が確立していない以上今の状況が上半期で解消するとは考えられず、「今よりも悪化した環境」でも利益を出す経営をしていかなければならない。損益分岐点の引下げは不可避で、条件反射のように「販管費の削減」が課題となりお約束のように人件費削減も目標数値が設定される。一方、ウイルス感染防止の一環で在宅勤務(テレワーク)取組も不可避。それが目的ではないにせよ通勤費や時間外労働の削減、といった項目ばかりについ関心がいってしまう。わかりやすいからである。しかし「わかりやすさ」は従業員にとっても同じで、ただでさえ先行き不透明な環境下で仕事をするのに、ただ「コスト扱い」されてはモチベーションの維持は難しいだろう。
 管理会計の視点から今後の人事マネジメント」のアプローチが可能か、というのが特集記事の主旨で、バランストコストカード(BSC)による従業員の動機付けやアメーバ経営の管理会計による組織学習、付加価値管理会計の記事などで構成されている。監査法人が「企業風土」を取り上げる時代なので、企業組織の元となる人事マネジメントに会計サイドからアプローチがあっても何の不思議もないとは思う。
人事マネジメントに「これで決まり!」という正解はないし、まして今の状況下においては、複数の視点、多方面からアプローチが必要だと思う。
 
 しかし人事・労務、会計、法務とそれぞれの立ち位置からのアプローチをしていても経営は前に進まない。人事部門と会計部門とがコスト削減ではなく「人事マネジメント」について同じテーブルに付き協議する場を設けている企業がどれほどあるのか知りたいと思う。




    このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

msut

QRコード
QRコード
アクセスカウンター

    • ライブドアブログ