2020年07月25日 17:26

読んだ本:ハラスメント防止の基本と実務 から

 本来の主旨・目的が抜きになったままの4連休。自分の場合は昨日の午前まで業務があったのでいつもの週より少し休みが長い程度に過ぎない。悪天候もあって心身を休めるための小休止といったところ。

 来月に中間管理職対象の研修講師の打診があり、法務コンプラの時間には半ばお約束的に「ハラスメント」がテーマにされていた。 毎度のことなので本当にこれが優先事項なのか首を傾げないわけではないのだが、中間管理職にとっては小さくない問題であることも事実なのでカリキュラムを考えてみる。
その整理のために、というかネタとして「ハラスメント防止の基本と実務」(石嵜信憲編著・中央経済社) を読んでいる。労務系の諸々については石嵜・山中総合法律事務所編著の書籍を参考にさせていただくことがあり、今回もその流れ、といえば流れ。

 今年施行のいわゆるパワハラ防止法まで含む各種ハラスメントに関する本質論とガイドライン案がコンパクトに纏められている。そして特筆すべきは同事務所によるハラスメント研修の内容が(すべてではないにしろ)掲載されている点だろう。正直なところをいえばこの点を理由に手にとったといってもよい。
しかし読み進めながら、ハラスメントについては中間管理職の研修ではなくまずもっと上位者向けの研修実施が先にあるべきと(当然だが)思った次第。

 ハラスメントはもう許されない時代、会社経営のリスクということは皆なんとなく理解している。が、ハラスメント問題の本質は何か?何も対策を講じない場合にどのような形で経営に影響を及ぼすのか、となると案外経営陣の間でも視点を合わせ切れていない可能性がある。本書はその視点合わせのための研修なり会議の題材に適した1冊であると思う。

 本書の第3章は労災認定基準からみた業務災害を取り上げており、この部分はきっちり経営陣に理解しておいてもらう必要があると思う。これまで自分が関わったハラスメント問題は上司部下の人間関係や、当事者のスキルの問題に収斂したケースがほとんどであったが、今後注意すべきはハラスメントが招く「業務災害」「労災認定」といった問題である。否応なく「経営責任」が問われる問題で、もはや現場の中間管理職の出来不出来では済まされるものではない。

 とはいえ、現場を預からせている中間管理職には業績向上だけでなく、職場環境づくりというものも仕事なのだよということを理解してもらわないとならない。
 ただ長い目で見れば働きやすい職場環境は業績というリターンがあるはずだが短期では非数値目標とされてしまうかもしれない。
 法務という職務上ハラスメントに絞ったカリキュラムを任されるのは仕方ないとして、マネジメント研修全体を考えると少しモヤモヤを感じなくはない。どうしたものか。





 
 



 

    このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

msut

QRコード
QRコード
アクセスカウンター

    • ライブドアブログ