雑感・備忘録

2020年04月05日 18:18

 何かと不安定でエントリーもままならず。遅ればせながらの定点エントリー。

 先月末で会社員となって33年が経過した。とりあえずの残り年数が片手で数えられるようになってしまった。新入社員時代のことどころか、20代から30代初めの頃の記憶も断片的で粉々である。中高年以降の人間が過去を美化しがちなのは、記憶に残った断片を都合よく継ぎ合わせてしまうからだろう。これは実感としてある。だから普段はあえて昔語りはしないようにしている。

 バブル経済と崩壊、リーマンショックといった時代を通り抜けてきた。とはいえ、前者のときは会社員駆け出しの時期であり、バブルといっても年収が上がったわけではなく、したがって崩壊後も年収面ではたいして影響も受けなかった。ただ当時は営業職にあったので、部門の受注売上の見込みがガタガタになり、ターゲットとする顧客を大きく変えざるを得なかったことを憶えている。そのため休日出勤、深夜残業が当然の毎日であった。よく心身がもったと思う。
 後者は勤務先が企業グループから切り離された時期と重なった。10年以上経過したのでいえるが年収崩壊を経験した。月俸が元に戻るまでの年月はきつかった。

 それでもコロナ禍の現在よりは比較にならないほどマシであったと思う。勤務先のビジネス継続のリスクと自分の生命のリスクの両方とが現実味を帯びているのは33年間勤務しながら初めてのことである。
なんだかんだいって安穏な雇われ人生だったということだ。

 早く元通りの生活にと願うこと自体は当然のことだ。しかしあと何ヶ月続くかわからない現況が収束したのちに「元通り」に戻ることはできるか。いや「元通り」とは何を意味するのだろうか。
 職場や学校に行かなくても業務や学習が回ることを知ってしまった。そのために作ったルールや仕組みをまた元に戻す必要性は低いだろう。一方、客足の途絶えた街や路地の経済を放置したままでよいということはないだろう。これはほんの例え話だ。
 30年以上になる会社勤め、もっていても役に立たない経験にこだわっていても仕方ないだろう。せいぜい同世代との間での思い出話になるかどうかというところだろう。
 だが。
 春先に元の企業の入社同期と話す機会があった。その企業も予定通りであれば企業グループを離れ、別の資本傘下となる。何を思っているかと尋ねれば「もう残り少ないからさ」と自分たちは逃げ切れるかのような話ぶりだった。もう彼らと会う気も話す気も失せてしまった。自分も向こう側にいたらそんな人間になっていたかもしれないとある意味恐ろしくなった。

 「片手で数えられる年数」が、図らずも想定を超えた年月になりそうである。苦悶、葛藤の時間になるかもしれない。つくづく人生は甘くない。
 しかしその人生ですら、コロナ禍を無事乗り切ればという前提だ。

 ようするに、うがい、手洗いの徹底と外飲み自粛の34年目の春なのである。

 


    このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年03月22日 19:50

 桜満開、ここ数週間の自粛モードに倦み外出した向きも多いことだろう。

 ある漫画の結末に感動し余韻に浸っていたいのに、その漫画に広告代理店が関与していたことがわかったことで漫画なりその作者の評判が一転していく…というのを遅ればせながら知った。
 この手の商売の難しさを改めて思う。広告代理店の商売の進め方が拙速だったといえばそうかもしれないが、人が「手垢のついた」感動に敏感になることはよいことなのか悪いことなのか。

 「東京の青い空」とは、70年代半ばから80年代初めにかけて「少年ジャンプ」や「ヤングジャンプ」でギャグ漫画家として活躍したコンタロウ氏の読み切り作品である。もう50代以上の人間にしかわからないかもしれないが、当時の少年ジャンプは年1回、人気上位漫画家が読切漫画を掲載、読者投票で「愛読者賞」を決めるといったことをやっていて、当作品はコン氏の1976年か1977年のエントリー作品だった。いつものギャグ漫画ではなく、SFものだった。内容については、ネット上にいくつかこの作品に関する記事が上がっているので 興味がある方はそちらをご覧になっていただければと思う。
 ネタバレにならないように作品内容に触れれば、ある閉塞的な環境に置かれた未来社会で、ギスギスした群衆の心理を和らげ何とか社会を維持するために、政府があるシナリオを実行する。その代償となるのが3人の孤児の生。政府の思惑どおり、孤児たちの行動に大衆は感動し涙を流すのだが…といったもの。
 今となっては新鮮味があるストーリーではないかもしれない。ただ40年以上前に少年誌上でコン氏のほのぼのとした画風ながら「感動ストーリーには裏があること」を描いた意欲作だったと思う。当時小学生だか中学生だった自分は、大人がやたらと盛り上げようとする感動は胡散臭い、裏があると考えたほうがよいと思うようになった。まったく可愛げのないガキになった。(同時代に始まった「なんとかは地球を救う」は今もって観たことがない。)

 70年代には想像もつかないレベルの「高度情報社会」となり、報道ですら「真実」とは限らず、出処のわからない「感動」や「怒り」が個人の情報端末を介して世界中に拡散される。「手垢のついていない」感動は、自分が実体験して得たもの以外にないのかもしれない。
 しかし、その体験すら誰かのシナリオによるものだったら? 
 




    このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年02月16日 23:13


 風邪からの復帰と休日なので音楽ネタ。

 先週はジャズ・ピアニスト(キーボーディストか?)のライル・メイズの訃報で力が抜けた。単独でこの名前を出すよりもジャズ・ギタリストのパット・メセニー・グループのキーボード、といえばわかる人もいるかもしれない。それでわからなくても「Last Train Home」は聴いたことがあると思う。

 iPadや音楽プレーヤーに収める楽曲データ、または所有できるLPやCDの数が制限を受けるとしたら、パット・メセニー・グループの「OFFLAMP」とエバーハルド・ウェーバーの「Later That Evening」は最後まで残すだろう。80年代初め、10代の終わり頃にジャズ(特にECMレーベル)を聴き始めるきっかけとなった2枚である。そしてどちらもライル・メイズがキーボード(後者はピアノのみ)を弾いている。 
 パット・メセニー・グループでのライルの活躍については多くの人が触れているだろうから、ここでは書かない。グループ名はともかく、パットとライルの双頭グループであったことは間違いないし、ライルが関わらなくなってからのパット・メセニーの作品は一味も二味も足らないと勝手に思っている。

   後者について。 
 「OFFLAMP」で虜になったライルがピアノで参加しているということでレコード店を探し回った。ちょうどECMレーベルの日本での供給元であったトリオ(現KENWOOD)のレコード事業部門が事業撤退した時期で、輸入盤を探すしかないと思っていたところ、八王子の山奥の大学生協のレコード売場でトリオ盤を見つけたときは思わず笑ってしまったのを憶えている。
 自分にとっては1曲目のライルによるピアノの旋律が全てであった。あれを聴かなければECMレーベルが手掛けた欧州のジャズを聴くことも現代音楽も聴かなかっただろうから、自分が聴く音楽の幅はかなり狭いものになっていたと思う。

 あれから40年近い年月が流れ自分が50代半ばとなっているのだから、当時夢中になったミュージシャンがこの世を去るのも仕方がないのだが、歳をとると失うものが増えていくとしみじみ思う。合掌。

 ちなみに「愛のカフェ・オーレ」は「OFFLAMP」トリオ盤の邦題。一体どうしたらこんな邦題になるのか謎だった。「第3の扉」は後者の邦題。これも意図がよくわからなかった。事業撤退間際のやっつけ仕事ではないとは思うが。









 





 

    このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年01月04日 23:13

 明けきりましておめでとうございます。

 年末年始休暇といっても、30日まで通常勤務、年明けは親会社トップの年頭朝礼に朝一から参加(テレカンだだが)という状況だったので、完全に気を休めているのはほんの数日といってよい。しかしプライベートで何をしたかというほどのこともなく年末ぎりぎりに亡父の墓参と、3日に叔母の墓参(相続等の事情で自分がみている)ぐらい。今年は叔母の二十七回忌というのを確認して、自分の人生の一部が墓守であることを改めて思う。というような按配で新年らしく華やぐ話題がまったくなくて申し訳ない。

 親会社トップの年頭所感。(内容については容赦)
御大の年齢は後期高齢者。普通の勤め人であればとっくの昔に退職し、孫を相手に目を細めている年齢である。にもかかわらず全国すべての拠点をテレビ会議システムでつなぎ30分以上も今年は自社グループにとってどのような年になるのか、だから何を目指して何をするのかなどよどみなく語る。創業者というのは会社がどんなに大規模になろうが上場企業になろうが、自分が初めてもった「店」であり、そして生きている限り「店主」なのだなと改めて思う。創業者がいつまでもトップの座にいることの是非をめぐる論議はあるだろうが、サラリーマン双六であがった社長が到底太刀打ちできるものではないことは否定できない。サラリーマンとは別の生きものと思うほかない。西原理恵子の何かの漫画に「商いは止まらない列車」というような台詞があったが、まさにそのとおりである。コーポレートなんちゃらといった言葉が、一瞬ではあるがか細くひ弱いものに感じられてしまう時間であった。(職務上それはまずいか)

 自分は年頭所感といったものがあまり好きではなく飄々と生きていたいのだが、職務ではそういうわけにもいかず年度の方針・目標を立てなければならない。昨年春から就いたディフェンスラインの業務については、従前の仕事のやり方をある程度尊重しつつ次の段階を目指さざるをえないと考えている。そのために自身含む数名いるメンバーが(年齢上の問題はあるにせよ)必要な能力を身につけ発揮できるようにしたいし、即座にOKが出るとは思えないが業務の機械化導入は検討したいと考えている。夏のオリンピック前後の景況を悲観的なもの(自分が属する業界の話だが)と仮置きするとどう考えても間接部門の省人化・多能工化は避けて通れないだろう。しんどい時期が続くと腹をくくるしかない。
 後継の育成という課題も抱えているのだが、これについては追々考え悩むことになるだろう。

 この場(ブログ)をどのように続けていくかというのは、これこそ緩く軽く続けることができればいいと思っている。でも、ふと思い立って姿を変えることはあるかもしれない。

 そんなわけで本年もよろしくお願いいたします。 


    このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年12月31日 17:06

 季節感に乏しい生活を続けているとはいえ、今年の年末感の欠如はどうしたものか。
なすすべもなく大晦の日を迎えての定点観測エントリー。

 このまま今の職場で働いていてよいのかとゴソゴソと次の進路を模索しているうちに、年度が変わり、その直後の起こった勤務先の経営体制の刷新により図らずも次のキャリアが転がり込んできた、というのが今年のトピック。後にも先にもこれしかない。とはいえ人材不足が常態化している組織の常、企業法務の仕事を手放すこともできずに不条理な兼任業務をこの時点まで続けてきている。
「とにかくガバナンス基盤の構築に手を貸せ。俺を助けろ。」春に就任した新しい経営トップの命令とも脅しともつかない一言に乗ってしまった以上、諸々の無理を合わせ呑んでの9ヶ月であった。
 
 その要求にすべて応えることができたかはまだわからない。法務の視点、内部監査人の視点と器用に使い分けができるわけでなく(そもそも使い分けが求められること自体があれなのだが)、己の視界を拡げる機会と割り切ってきたように思う。監査系の書籍に加え、まったく久しぶりに会計系の書籍や情報を漁ることになり、何かと鈍ってきた脳味噌に多少刺激を与えることにはなったとは思う。(脳味噌に取り込んだとはいえないが)

 Business Law Journal 2020年2月号での定番企画「法務のためのブックガイド2020」。大掛かりな法改正関係の書籍が前年度に出尽くしてしまったためなのか、件の経産省レポート内容やリーガルテック系の興隆を受けて思うところのある人が増えたのか、法務実務担当者が挙げる書籍はこれまでになくバラエティに富んでいた。そこに「法律専門書」が占める割合が減っている点が気にならないわけではないが、企業法務の未来は、これまでの業務の延長線を引くだけではやって来ないと感じていることの現れではないか。自分はそのように受けとめた。
 テクノロジーの導入によって企業の業務の(過去からつながる)現在と未来とが突然断絶することはないだろう。橋渡しの役割を負うのか、タイムカプセル の役割を負うのか、あるいはあらゆる出番を失うのか。それはわからないが、未来の到来が予想よりも速まることはあるので、いかなる時点であれ自分が恐れ慄かずに済む程度の「知識」なり「経験」は身にまとっておきたいとは思う。

 徐々に更新のペースが落ち、ノイズも増えていった2019年の本ブログ。にもかかわらず訪問していただいた方には心より御礼申し上げます。
 よいお年をお迎えください。




    このエントリーをはてなブックマークに追加
プロフィール

msut

QRコード
QRコード
アクセスカウンター

    • ライブドアブログ